脱水対策Dehydration

素早く見つけて、すぐ対策!
脱水症&熱中症

7

熱中症のⅠ度の症状が見られたら

熱中症のⅠ度の症状

こむら返り 立ちくらみ 拭いても拭いても汗が出てくる めまい ↓
涼しい場所での休息

経口補水液を飲む イラスト:経口補水液

経口補水液の飲み方

500ml~1000mlを目安に無理のない速さで飲みましょう。その後は、ゆっくりと飲みながら様子を見ましょう。

医療機関での診察が必要?
迷った時の目安

現場で対処できる(Ⅰ度の症状)

  1. 意識がしっかりしている ②普段通り、しっかりと自力で飲める

医療機関へ(Ⅱ度・Ⅲ度の症状がある、Ⅰ度の症状が改善しない)

  1. いつもは自分の力で開けられるペットボトルのキャップが開けられない
  2. 意識がはっきりしない(自分の名前・時間が分からない)
  3. 飲み物が飲めない、口からこぼれてしまう

(参考)熱中症重症度分類2015

分類 症状 治療
Ⅰ度
  • めまい、立ちくらみ、生あくび、大量の発汗、筋肉の硬直(こむら返り)
  • 意識障害はない
通常は現場で対応可能
冷所での安静、体を冷やす、経口的に水とナトリウムの補給を。
Ⅱ度
  • 頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感 (カラダがぐったりする、力が 入らないなど)
  • 集中力・判断力の低下
医療機関での診察が必要
体温管理、安静、十分な水とナトリウムの補給を(経口摂取困難な時は点滴にて)。
Ⅲ度
  • 意識障害、痙攣発作
    (呼びかけや刺激への反応がおかしい・カラダにガクガクとひきつけがある)
入院・集中治療が必要

日本救急医学会熱中症診療ガイドライン2015より作成

熱中症は重症化すると命にかかわります。命を守り後遺症を残さないためにも、速やかな対処が大切です。

監修:済生会 横浜市東部病院 患者支援センター長 兼 栄養部部長 医学博士 谷口英喜