脱水対策Dehydration

素早く見つけて、すぐ対策!
脱水症&熱中症

5

脱水症になってしまったら経口補水液を摂取

脱水症になってしまったら、水と電解質(特にナトリウム)を速やかに補うことが大切です。最も効果的な方法は、経口補水液を摂取することです。

経口補水液とは?

水と塩分と糖分をバランスよく含み、カラダへの速やかな吸収に優れた成分になっています。

塩分+糖分→水分の吸収スピードアップ! 塩分と糖分のバランスがよいと効率よく吸収できます! 塩分は吸収力をアップする役割があります 糖分は吸収速度をアップする役割があります

塩分糖分も多すぎても少なすぎても効果が弱まります。

※水やお茶は塩分を含んでおらず、体液の濃度を薄めてしまうため、脱水時の水分補給にはなりません。私たちのカラダは体液を一定の濃度に保とうとするため、余分な水はおしっことして出て行ってしまいます。

経口補水液 Q&A

Q.スポーツドリンクとは何が違うのですか?

経口補水液は、一般的なスポーツドリンクよりも電解質濃度が高く、糖濃度は低い組成となっています。

通常の水分補給であれば、スポーツドリンクでも十分ですが、下痢や嘔吐、発熱、激しい発汗、食事や水分摂取量の低下などによる脱水症には、経口補水液が適しています。

通常の水分補給 = スポーツドリンク
軽度から中等度の脱水症 = 経口補水液

経口補水液は作ることも出来ますが、作ったその日に飲みきるようにしましょう。

いざという時は素早い対処が必要なので、市販品を「ストック」しておくと安心ですよ。

小児や高齢者でも飲みやすい「ゼリータイプ」もあります。

監修:済生会 横浜市東部病院 患者支援センター長 兼 栄養部部長 医学博士 谷口英喜