脱水対策Dehydration

素早く見つけて、すぐ対策!
脱水症&熱中症

1

脱水とは、カラダから水と塩分を失うこと

私たちのカラダの半分以上は、水分でできています。この水分は「体液」と呼ばれ、カラダにとって、大切な役割を担っています。

体液は主に「水」と
「塩分」でできています

体液=水+塩分 体液の働き ①体温調節 ②カラダに必要な栄養素や酸素を運び込む ③カラダに不要な老廃物を運び出す

年齢とともに、
体液の割合は減少します

小児:80% 成人:60% 高齢者:50% ※数値は体重あたりの割合(%)

体液が失われると、
脱水症に陥ります

現れる症状‥微熱、口渇感、体重減少、尿や発汗の減少 脱水の度合いは、体液が失われることによる体重減少の割合により3段階に分けられます。 軽度:3~5% 1.5~2.5kg/中等度:6~9% 3.0~4.5kg/重度:10%以上 5.0kg以上 例)体重50kgの人の場合 カラダの中で体液の多い臓器に異変が生じやすくなります。 ①脳:めまい、立ちくらみ、集中力・記憶力の低下、頭痛、意識消失、けいれん ②消化器:食欲低下、悪心、嘔吐、下痢、便秘 ③筋肉:筋肉痛、しびれ、まひ、こむら返り

脱水とは、単なる水の不足ではなく、カラダから塩分も同時に失われた状態のことなんですよ。

監修:済生会 横浜市東部病院 患者支援センター長 兼 栄養部部長 医学博士 谷口英喜

脱水とは、カラダから 水と塩分を失うこと(PDFファイルをダウンロードできます)
素早く見つけて、すぐ対策!脱水症&熱中症 (すべてのPDFファイルをダウンロードできます)