• こんな時に
  • 摂取上の注意
  • 病者用食品
  • 科学的根拠
  • ゼリータイプ
  • もしも、カラダが水不足になってしまったら?
  • 冬こそ気をつけて欲しい子供の脱水対策!
  • 気づきにくいお年寄りの脱水状態
  • 災害時における経口補水療法
  • 注意したい渡航先での脱水

注意したい渡航先での脱水

渡航先での環境は、私たちの健康に関して一定のリスクをもたらすことを知っておく必要があります。渡航先での健康管理のために、脱水の原因とその予防や対策をご紹介します。 監修:渡航医学センター 西新橋クリニック 院長 大越裕文先生

渡航先での脱水状態

海外渡航者の20〜50%が下痢をするとの報告が

下痢の原因で最も多いのは、細菌感染症です。衛生状態の悪い地域での水や食べ物、食器などは細菌で汚染されている場合があります。下痢・嘔吐がつづくと、身体は脱水状態になってしまいますので、充分に注意する必要があります。

旅行者は常に脱水気味になっている

熱帯地域に渡航される方は、気候による発汗が原因で脱水のリスクが高まります。また、旅行者の方は渡航先で長時間の移動する際は、水分を控えがちになってしまったり、乾燥した乗り物内では脱水気味になってしまいますので、こまめな水分補給に気をつけましょう。

渡航先で気をつけなければならない、脱水のリスク

  • 1細菌や寄生虫による、下痢・嘔吐を伴う脱水。
    (発展途上国でのリスクが高い)
  • 2ウイルスや感染症による、発熱・下痢・嘔吐を伴う脱水。(先進国でのリスクが高い)
  • 3熱帯地方での大量の発汗や、
    標高の高い場所など、乾燥地域での脱水。
  • 4飛行機での移動中(機内はかなり乾燥している)や、渡航先での長距離移動時(水分を控えがち)の脱水。

渡航先時の下痢の予防−水と食べ物の選択−

外国人向けのお店の方が、衛生的に安全。屋台での食事は控えるように気をつける。飲食店で提供される水は水道水であることが多いので、なるべく飲用しない。また氷は水道水でつくられているので気をつけること。ペットボトルのミネラルウォーターを飲む。ガス入りミネラルウォーターのほうが、偽物がないのでよりよい。生ものは避け、熱がしっかり通ったものを食べる。果物は自分で皮をむいて食べる。

ORS

水分と電解質の補給には、経口補水液が最適。

下痢や嘔吐、発熱による発汗時は、体内の水分や電解質が失われ、脱水のリスクが高まりますので、水分と電解質を補給することが最も大切です。脱水状態時に水分補給を行う場合は、ただの「水」ではなく身体が失った水分や電解質を効率よく吸収させるための経口補水液が最適です。

渡航医学の立場から

海外旅行中というのは、常に脱水気味になっているという意識を持つことが大切です。
海外旅行に必ず利用する飛行機の中は乾燥しています。また、飛行機だけではなく、バスでの移動時も、トイレの心配から水分を控えがちになり、普段より脱水気味になっています。
そういった状態で、細菌やウイルスによって下痢を起こしてしまうと、容易に脱水状態となり、とても危険な状態となってしまいます。
途上国で最も多いトラブルは下痢です。また、熱帯地方では汗を知らないうちにたくさんかいている可能性があります。
旅先で、下痢・嘔吐など体調不良を感じた時は、こまめな水分補給と塩分補給をきちんとすることが大切です。渡航前には渡航外来にかかるなどして、経口補水療法についての指導を受けることをお勧めします。

西新橋クリニック院長 大越裕文先生渡航医学センター 西新橋クリニック 院長 大越裕文先生

ページの先頭へ戻る

Copyright 2016 Otsuka Pharmaceutical Factory, Inc.