• こんな時に
  • 摂取上の注意
  • 病者用食品
  • 科学的根拠
  • ゼリータイプ
  • もしも、カラダが水不足になってしまったら?
  • 冬こそ気をつけて欲しい子供の脱水対策!
  • 気づきにくいお年寄りの脱水状態
  • 災害時における経口補水療法
  • 注意したい渡航先での脱水

冬こそ気をつけて欲しい子供の脱水対策!

そろそろ風邪のシーズン。鼻やのどにくる風邪による発熱や、お腹にくる風邪(感染性胃腸炎)による脱水症は、子供にとって実はとっても身近な症状です。適切な子供のケア方法を理解することで、のど風邪やお腹にくる風邪の時の対処をしっかりと行いましょう。 監修:兵庫医科大学 小児科学教授 服部益治先生

風邪の季節に子供の脱水症は、なぜおこるの?

子供が脱水症を起こすのは、1~2月が最も多いので注意

子供を持つ男女265名の方に、子供が脱水症を起こした時期を調査した結果、1~2月が最も多い結果になりました。脱水症の原因として最も多かったのが、「風邪をひいた時」で52.8%と半数以上を占めた結果になりました。発熱・嘔吐・下痢といった症状が脱水症を引き起こす原因となります。風邪・インフルエンザが流行る冬は、子供の脱水に関する注意が必要です。

発熱・嘔吐・下痢など、子供の体調に気をつけて欲しい

発熱を伴うのど風邪・お腹にくる風邪などは、特に注意が必要です。嘔吐や下痢は、ウイルスなどの病原体を身体から排出するための大切な防御反応ですが、これが長く続くと身体から大量の水分と塩分など(胃液・腸液)が失われて脱水状態になってしまいます。これからの風邪のシーズンにそなえて、脱水の対処法を心得ましょう。

子供の脱水症状経験者限定<複数>(n=265)
子供が脱水症状を起こしたのは何月ごろですか?
当てはまるものをすべて教えてください。
1月 20.8%
2月 25.7%
3月 9.8%
4月 6.4%
5月 10.6%
6月 10.6%
7月 18.1%
8月 20.4%
9月 9.4%
10月 14.3%
11月 12.1%
12月 16.6%
Data出典:2010アイシェアアンケート調査
調査対象:20~40代 子供のいる男女

乳児・幼児は、脱水症になりやすい。その訳は?

  • 1身体は、水分量が70~80%と、
    大人に比べて水分量が多い。
  • 2成人に比べると身体の水分量を調節する
    機能が未発達なため、脱水を起こしやすい。
  • 3新陳代謝が活発で不感蒸泄(見えない汗)が
    多いため、身体の水分を失いやすい。
  • 4大人に比べ免疫力(抵抗力)が低いため、
    ウイルスや細菌が身体に入りやすく、
    また胃腸が弱いので嘔吐・下痢をおこして
    体内の水分を失いやすい。

子供の脱水症のサインと対処

受診の目安  39℃以上の熱がある  1日6回以上の多量の下痢  血便がある  嘔吐が続いている  泣いても涙が出ない  皮膚、口、舌が乾燥している  目が落ちくぼんでいる  機嫌が悪い  ぼんやりして、眠りがち  顔色が悪い  尿量が減る。  尿の色が非常に濃い

見逃さないで、子供の脱水症のサイン

子供に発熱や嘔吐、下痢などの症状がみられた場合、脱水症に注意しましょう。充分な水分と電解質、栄養を摂取させるように心がけて、子供のケアをしましょう。症状が治まらなかったり、の図にあるような症状が見られたら、脱水状態が進行している可能性があります。できるだけ早く小児科で受診するようにしましょう。

医師の指示のもとに行う経口補水療法

経口補水療法は医師の指示のもとに、親御さんが行う脱水状態への対処法です。子供の発熱・嘔吐・下痢といった症状がつづくと、体内の水分や塩分が大量に失われてしまい、脱水状態になってしまいます。経口補水液は、子供の失われた水分と塩分を、体内に速やかに補給することができ、脱水状態に適した飲料です。

お医者さんに聞きました
子供の脱水状態、その対策は?

経口補水液を飲ませる目安は、子供の体重1kgにつき、1回あたり30mL~50mLです。しかし、これはあくまで目安ですから、あまり数字に真面目になりすぎなくても大丈夫です。子供が飲みたがった時は、飲めるだけ飲ませてください。大事なのは、少しづつ何回にも分けて飲ませ続けることです。

体重1kgあたり
↓
30~50mL ※乳児の場合

小児医学の立場から

乳幼児は、風邪などの感染症に罹ると、胃腸のはたらきが落ちてしまいます。小学校に入学するくらいの子供でも、大人の7~8割しか身体ができていませんから、乳幼児の身体がいかに未発達かご理解いただけると思います。特に胃腸は未熟ですから、熱があると嘔吐・下痢といった症状をおこしてしまいます。親御さんは、子供は発熱すると胃腸症状を伴いやすいという認識を持つことが大切です。乳幼児の身体は、大人に比べて水分を失いやすいですから、嘔吐・下痢によって胃液・腸液を失い身体のナトリウムなどの成分を大量に失ってしまった際は、子供の水分補給に注意が必要になります。子供が嘔吐・下痢をおこした際は、適切なナトリウム濃度の飲料を飲ませることが大切ですから、風邪が流行る時期には、家の中に経口補水液を常備しておくことをお薦めします。

兵庫医科大学 小児科学教授 服部益治先生

ページの先頭へ戻る

Copyright 2016 Otsuka Pharmaceutical Factory, Inc.