• こんな時に
  • 摂取上の注意
  • 病者用食品
  • 科学的根拠
  • ゼリータイプ
  • いまからはじめる、夏の脱水対策!
  • 気をつけよう!幼児・乳児の脱水状態
  • 気づきにくいお年寄りの脱水状態
  • 災害時における経口補水療法
  • 注意したい渡航先での脱水

気をつけよう!幼児・乳児の脱水状態

もともと、カラダの水分量が多く、さらに、のどの乾きやカラダの異変を自分から訴えられない幼児・乳児。気がつくと脱水が進んでいることも。なるべく早く気づいてあげたいものです。 監修:兵庫医科大学 小児科学教授 服部益治先生

代謝が活発なお子さまは、水分が奪われやすい

小さなお子さまの身体の水分量は、生まれた時はなんと80%、発育とともに70%となり、大人に向かい60%となります。ただし、代謝が活発であるため、大人が気づかないうちにたくさんの水分を失ってしまうときがあります。大量の発汗の後や、元気がない・ぐったりしている状態のときなどお子さまの変化を見逃さないことが重要なのではないでしょうか。

お子さまが一日に必要な水分量は?

私たちは一日に約2.5Lの水をやりくりしています。それは食事や飲料、そして体内で生まれる水分の合計と、尿や便、呼吸や皮膚から蒸発で奪われる水分が一致していることが条件。そのため、大量の発汗や食欲減退による水分摂取量低下は、身体のバランスを崩してしまう原因になりますので、注意が必要です。

小児70% 成人60% 1日当たりの維持必要水分量
対象 1kgあたりの必要摂取量
新生児 60~80ml
乳児 100~120ml
幼児 80~100ml
学童 60~80ml
成人 40~50ml
体重30kgの学童であれば、1日に1.8Lから2.4Lの維持必要水分量となります。
編集 / 飯田 喜俊:エキスパートの輸液,南江堂1993:p197-205より作成

幼児・乳児に水分不足が大敵!

  • 1幼児・乳児の身体は、水分量が70〜80%
  • 2体温調節機能が充分に発達していない。
  • 3成人に比べると発汗機能や腎機能が
    未熟なため、脱水を起こしやすい
  • 4ちょっとした感染症でも
    下痢や嘔吐などを引き起こしやすい。

これが、小さなお子さまの脱水のサイン

お子さまに発熱や下痢、嘔吐などの症状がみられた場合、脱水に注意したほうがいいでしょう。充分な水分と電解質、栄養を摂取させるように心がけて、お子さまのケアをしましょう。

症状が治まらなかったり、の図にあるような症状が見られたら、脱水状態が重症化している可能性があります。できるだけ早く小児科を受診するようにしましょう。

受診の目安
39℃以上の熱がある
1日6回以上の多量の下痢
血便がある
嘔吐が続いている
泣いても涙が出ない
皮膚、口、舌が乾燥している
目が落ちくぼんでいる
機嫌が悪い
ぼんやりして、眠りがち
顔色が悪い
尿量が減る。
尿の色が非常に濃い

小児医学の立場から

子どもが汗かきというのは、お母さんなら誰でも知っていると思います。汗をかくということは、身体のナトリウムなどの成分を失っていることですから、麦茶や水では本当の意味での水分補給にはならないのです。健康的なイメージの汗ですが、出過ぎてしまうと、健康ではないレベルにまでなることを意識しておいてください。汗によって大量のナトリウムを失ってしまった場合、低ナトリウム血症がおき、お子さまの活力が低下してしまいます。お子さまが、ボーッとした様子のときは、注意が必要です。
猛暑による大量の発汗後は、適切なナトリウム濃度の飲料をお子さまに飲ませるのが大切ですので、家の中に常備しておくという方法もあるかもしれません。

服部益治 先生兵庫医科大学  小児科学教授
服部益治 先生

ページの先頭へ戻る

Copyright 2016 Otsuka Pharmaceutical Factory, Inc.